白血病からの生還(データ付き)

白血病で幹細胞移植を受けた詳細の記録です。

3回目の入院その15

DAY22-26 さて、前回書いた通り、体調は次第に回復してきていました。この頃の血液データは、 写真は26日目のものですがその前3日間くらいは WBC 3500-6100 Hb 27-30 Plate 210-240 とほぼほぼ回復してきていました。ヘモグロビン以…

3回目の入院その14

Day19-21 回復に向かう さて、前回は少しずつ体調が良くなって来たことを書きましたが、その続きです。 まずはデータですが、 WBC 2500~4500 Hb 9.2~9.8 Plate 90~100 を行ったり来たりしていました。ようやく造血細胞が定着してきて…

3回目の入院その13

Day16-18 さて、前日、治療の中で一番きつかった時期と書きましたが、16日目あたりからは徐々に回復に向かっていきます。 まずは18日目のデータです。 抗生剤などがかなり効いてくれてCRPが1.61まで下がってきていました。それでも高い数値ではあ…

3回目の入院その12

Day14-15 輸血で命を繋ぐ さて、12日目あたりからのピークが続いていましたが、回復まではまだまだでした。 14日時点での血液のデータは、 血小板が極端に不足してました。まったく自覚症状は無いので、検査してみないとやはりわからないものですね。早速…

3回目の入院その11

Day11-13 無限地獄 まずは血液のデータから紹介します。 前回、書き込んでいた通りですが、この頃も白血球の数値が上がらず、身体は言う事を聞いてくれない状態でした。ヘモグロビンも、血小板も超低空飛行で、まだ造血細胞が復活していない事を物語っていま…

3回目の入院その10

Day8-10 さて、Day5あたりから毛が抜け始めていましたが、Day8にはほとんど抜け落ちていました。抜けた毛が枕とかについてしまうので、コロコロの粘着テープでベッド周りを掃除していました。丸坊主にしていたものの、短い毛がチクチクするので2時間…

皆さん、私は生きてますよ

皆さん、お久しぶりです。だいぶ間が空いてしまいました。(反省)ブログに書き込むのも約8か月ぶりです。 ご心配をおかけしておりますが、私は元気です。と言うか、完全に会社復帰を果たし、ほぼ以前通りの仕事ができるようになって来ました。 ブログをさぼ…

3回目の入院その9

Day4~7 副反応 さて、口内炎が出始めたことを昨日書き込みましたが、その続きです。 移植直後から免疫抑制剤の投与を受けていたのですが、Day1とDay3には抗がん剤のメソトレキセートの投与も受けていました。この薬もかなり強いようで、体力の消耗と、脱…

3回目の入院その8

Day1~3 移植後の経過 翌朝、顔を洗って鏡を見ると、かなり髪の毛が抜けてきたのがわかりました。 その日の午後には教授の回診がありました。 教授からは、「急性の拒絶反応もなく、ひとまず安心。」と言う説明があり、私は白血球のないしんどい体を起こし…

3回目の入院その7

Day-1 移植前日 抗がん剤が終わり、私は倦怠感と微熱で寝ている時間が長くなっていました。 移植前日には、赤血球の輸血を受けました。一昨日にも気を失い倒れそうになっていたので、本当に頭を打たなくてよかったですね。と看護師さんに言われながら、輸血…

3回目の入院その6

Day-3~-2 抗がん剤 8月28日。さて、放射線で弱った体に今度は強い抗がん剤でもっと痛めつけます。 抗がん剤はエンドキサンと言う強い薬で、1日3時間かけて点滴をします。最初に吐き気止め、その後エンドキサンの投与となります。投与初日に看護師さんから…

3回目の入院その5

Day-7~-5 全身放射線照射 いよいよ、放射線照射の8月24日がやってきました。前日に放射線科の医師に全身への放射線照射の効果の説明とリスク、考えられる副作用、後遺症などの説明を受けていました。 効果は、病巣の縮小・消失・・・移植にあたって元…

3回目の入院その4

Day-8 無菌室へ移動 さて、カテーテルを設置した翌日、無菌室へ移動するのですが、その日の朝、びっくりする事が起きました。 準無菌室は2人部屋で、私の向かい側にも患者さんが居たのですが、夜明けあたりから苦しそうなうなり声のような呼吸になっている…

3回目の入院その3

Day -9 カテーテル 8月22日にカテーテルの設置をしました。正確には中心静脈カテーテル留置と言うそうです。これからの治療で薬剤の点滴、末梢血細胞の投与、輸血、栄養剤の投与など、腕からの点滴では投与に時間がかかり、薬が全身にいきわたるまでタイ…

3回目の入院その2

病室は準無菌室 さて、8月16日に入院手続きを済まし、10階のナースステーションの前で待っていると、なじみの看護師さんが笑顔で病室の案内をしてくれました。付いて行くと、大部屋とは別の方向に向かっていきます。廊下を歩きながら、ここが無菌室ですと…

3回目の入院その1

入院前夜 5回目の抗がん剤を受けた所まで書き進めてきましたが、いよいよ移植の為の入院を迎えます。 私は、移植の入院は1回目や2回目のように短い入院とはいかないと考えてました。その為にいろいろと準備をして移植に臨みました。特に準備したものは、 …

2回目の退院その6

通院しながらの食生活 4回目の抗がん剤を受けていた時も相変わらずの食欲不振でした。入院中もそうでしたが、嘔吐するまではいかなかったのですが、料理している匂いとかもダメでした。魚の匂いもダメで、酷い時は肉を焼く匂いもダメでした。そういう時は基…

2回目の退院その5

4回目の抗がん剤 さて、6月21日に弟の造血幹細胞の採取が終わり、あとは無菌室が空くのを待ちながらの抗がん剤投与となりました。 6月27日から5日間の投与でしたが、初日の血球数は WBC 1460 (基準値3800-9600) Hb 10.2 (13.7-17.4) Pl 690…

2回目の退院その4

幹細胞採取 さて、前回書き進めた通り、私の4回目の抗がん剤治療は6月27日からでしたが、それに先立つこと2週前に弟の幹細胞採取となりました。弟には6月17日から21日まで休んで貰い、入院での採取に協力してもらいました。17日は私が迎えに行き…

2回目の退院その3

通院での抗がん剤 さて、入院中は7日間かけて抗がん剤を受けていたのですが、通院の場合は月曜から金曜の5日間で同じ量の抗がん剤の投与を受けます。やはり、抗がん剤、3日目あたりからお通じ問題が発生し、お腹が張って食欲が落ちました。前回は病院内で…

2回目の退院その2

小林麻央さんの事 まず、今日は小林麻央さんの訃報のニュースに驚きました。 帰宅し、子供さんたちとか、家族と一緒に写った写真とかアップされてて、抗がん剤が効いて快方に向かっているものだと思っていましたが、がんに勝てなかった事はさぞや悔しかった…

2回目の退院その1

帰宅と通院について 5月22日に私は、ようやく2回目の退院をすることが出来ました。 この時の血球数は WBC 1550 Hb 8.8 Pl 67000 でした。 次の診療は5月27日に血液検査でチェックすることになりました。診療の予約票を貰い、その翌週は5月30日から…

入院2回目その4

主治医からの連絡 5月13日に主治医がやって来て、「いいお知らせです。弟さんと白血球の型が完全に一致していました。」とHLA研究所からの速報のFAXを持ってきてくれました。兄弟間での完全一致の確率25%でしたが、幸運なことにこの25%をクリアしまし…

入院2回目その3

奥歯の腫れ さて、前回まで、奥歯を抜歯した所まで書き綴って来ました。 抜歯後は食べ物や飲み物が抜歯した所の穴に入らないように、カバーのマウスピースを常時していました。また、食後は歯磨きとうがいを念入りにして口内の細菌の繁殖を抑えます。歯茎を…

入院2回目その2

歯の痛みと腫れ、熱との戦い 入院して1週間ほどは、抗生剤と解熱剤の投与で熱は上がったり下がったりを繰り返していました。血液検査の結果も、 WBC 1100~1300 Hb 8.7~9.2 Pl 7000~8000 と低空飛行です。 熱は37度から38度を行ったり来たりの状態…

入院2回目その1

血液検査 さて、前回は発熱し奥歯が痛くなって救急外来に受診した所まで書き進めてました。 最初、当直の一般内科の医師はインフルエンザを疑っていましたが、検査の結果、陰性でしたので、発熱の原因を探るべく採血しますという事になり、2か所から採血しま…

1回目の退院、自宅療養その1

5月1日~4日の自宅療養 さて、一旦自宅に戻り、1.5か月ぶりに家族全員が揃いました。病院では他の患者さんもいたので、あまり大きな声で会話は出来なかったのですが、家に帰ってくると心置きなく会話ができます。私が入院中に子供たちは進級し、下の息子は…

入院1回目その7

4月24日~5月1日 さて、前回は抗がん剤2回目が無事に全部終わったところまで書き進めました。終了後の薬の効き方について少し書きたいと思います。 7日目に投与が終わった段階で手首の点滴のチューブも外れ、自由に病院内をまた探索していました。感染…

入院1回目その6

4月23日 2回目の抗がん剤終了 さて、4月17日から23日まで7日間のビダーザの投与を受けました。2回目は湿疹も出ずに多少の微熱程度で済んだので、お通じ以外は体力的にも特に問題なく過ごせました。また、ステロイド剤の投与と吐き気止めの投与も受…

入院1回目その5

入院生活について 突然の入院とはいうものの、事前に準備するものなどの資料を貰っていたので、それなりに準備をしてから入院したので、後から慌てて何か買わなければならないこともありませんでした。 洗面用具や、シャンプー・ボディーソープ、バスタオル…